miyakotex

使用上の注意

ラメ糸、ラメ製品の諸注意を掲載しております。必ずお読み下さい。

ラメ糸の使用上の注意

  • ラメ糸と交編する際は、相手の糸を充分に水洗い、完全に乾燥し中性化してご使用下さい。
  • テンションのかけすぎには、十分注意して下さい。
  • 染色ロット(着色ロット)の違いによる色差には最も注意しておりますが一つの商品の完成には必ず同じロットの糸を使用して下さい。 染料メーカーに対する公害規制や公害による製造中止等のため、やむをえず染料が変わることがあり多少の色差を感じる場合がありますがその点はご了承下さい。
  • メタリックヤーンは針キズなどの編み欠点も出やすいものです。編機の調製を十分に行い、回転数は低めに設定して下さい。編機の設定や編組織・度目の設定には、充分な試作検討をお願いします。
  • 編込み時の張力はできる限りしごかないように軽めに設定して下さい。 また軽い天バネの使用をお願いします。プライ数に応じたテンサーと天バネを使用し、糸1本毎に張力を調製して下さい。
  • 糸の原因と思われる問題が発生した場合、速やかに御連絡下さい。

ラメ製品の取り扱い及び保存上の注意

  • 人体の汗、飲料水等の付着物はすみやかに水洗い又はドライクリーニングによって除去して下さい。
  • 保管される際は、酸、アルカリを含む衣類との接触を避けて下さい。
  • 充分乾燥した状態で、ポリエチレンの厚目の袋に入れて保存して下さい。 又、防虫剤の使用は避けて下さい。
中性洗剤で40℃を限度とし手洗いをして下さい。(洗濯機には不向きです)
漂白はできません。
タンブル乾燥はできません。
日陰でのつり干し乾燥して下さい。
底面温度150℃を限度とし、なるべく低い温度でアテ布をしてアイロン仕上げ処理して下さい。
石油系溶剤での弱いドライクリーニング処理して下さい。
非常に弱いウェットクリーニング処理をして下さい。

なお、製品の取り扱いについては副素材との関連もありますので、総合的に判断して下さい。